込山榛香さんがAKBINGOでインスタ映え
する技術を解説していました。

カフェで実践する込山榛香さん

インスタ初心者の福岡聖奈さんと
一緒にインスタ撮影のカフェに
訪れた込山榛香さん。
スポンサーリンク



お店に到着し、店員さんに
「端っこの席ってあいていますか?」
席の空きを聞く込山榛香さん。

希望の奥の席があいていて案内されると、
そこ選んだ理由を説明する込山榛香さん。

「調べるんですよ。写真を撮る前に。
良いなって思って、狙ってて、人がまだ
混んでなさそうな時間を選んできました」

店内の撮影場所は事前にリサーチする
下調べがポイントみたいですね。

料理の優先順位を色、かわいさ、おいしく
食べられるか。これが順位の基準だと
込山榛香さん。

オーダー方法も工夫があり、先にパフェだけ
持ってこれるか聞く込山榛香さん。

その理由を

「パフェはパフェで、アフタヌーンティーは
アフタヌーンティーで撮りたいんですよ。

(一緒にもってきてしまうと)そうすると、
どっかにどかさなきゃ、いけないじゃない

ですか。そうすると入っちゃうんですよ。
(他の料理が)絶対」

撮影スペース確保のため、料理は
一品ずつ、これも秘訣のようです。

食べ物が来る前に事前に画角を全部
決めリハーサルをする込山榛香さん。

料理が運ばれてくると、バックから
自前の小道具を取り出す込山榛香さん。

この小道具、いつも同じではなく、撮影
場所によって中身を変えているとのこと。

その後改めて実物で画角をチェックし、
正方形に収まるようにレイアウトを調節。

実際に撮影すると、手の影が入り
込んでしまったので、画面を見ながら
影の入り込まない角度を探る込山榛香さん。

撮影後、写真を確認し余分な余白は
アプリの加工で修正(余白部分を

埋める作業)明るさを上げインスタ映え
する写真に加工するとの事。

ファンの方はメンバーの顔が見たい
という方が多いので人を入れたいん
ですよね。

本人が写っている方がいいね!がつき
やすい傾向があると込山榛香さん。

込山榛香さん、インスタはバランス

福岡聖奈さんに、自分の写真を撮影
してもらいチェックする込山榛香さん。

「へたやなぁー。これツィッター用?」

何故ダメだししたのかというと、写真に
人物と背景、小道具に余白がなくて
窮屈な印象だそうで。

実際に込山榛香さんが福岡聖奈さんを
撮影すると、角度は一緒ですが、

若干引き気味で撮影。その影響で
人物象はやや小さくなるものの、全体の
背景や小道具とのバランスが良くなった印象。

「インスタは一枚の世界観なので、
人間よりは、バランスが私は命」

自身のインスタポイントを語る
込山榛香さん。

なんでもかんでも、自分物をアップに
すればいい。というわけではないんですね。
スポンサーリンク